意外と見られている背中のムダ毛の脱毛

自分の目で見える部分はしっかりチェックしていても、盲点なのが自分の体の後ろ側ではないでしょうか。
太ももの裏やうなじ、背中などは自分だけで自己処理をしようと思うとケガの元でもあります。

このような目視できない部位の自己処理をするのなら、カミソリよりも除毛クリームのほうが誤って切ってしまうようなケガの心配もありません。

ただ、除毛クリームではそれほどキレイには脱毛はできませんし、中途半端に残ってしまった毛が目立つこともあります。

そう考えると誰か家族や友達など手伝ってくれる人がいないことにはキレイに脱毛することはできませんね。

体を洗うついでに脱毛できるエピタオルもあるのですが、それ程キレイに毛が抜けるということもありませんし気休め程度です。

それよりも使い続けて摩擦で背中に黒ずみができることのほうが心配です。

自分での処理ではいつまでも処理をし続ける必要があります。
背中の毛が毛深くて水着姿やキャミソールなどの服が着られないのなら、最初から自己処理ではなくプロが施術してくれる脱毛に通うことを検討してみることです。

背中脱毛はプロの施術で

脱毛に通い始めれば、その直前に自己処理をする必要はありますが、少しずつ薄くなっていくため自己処理の手間はどんどん減っていきます。

もし自己処理が面倒でしたら、剃毛代は別にかかりますがシェービングも一緒にお願いすることもできます。

ただし、背中脱毛では注意点があります。

背中の毛というのは色が薄くて細かい産毛が多く生えています。この産毛が曲者なのですが、通常のフラッシュ脱毛ではムダ毛の黒い色素に反応するため産毛の多い背中はなかなか効果が現れにくい特徴があります。

ですので通ってもあまり効果がない!という場合も少なくはないのです。

レーザー脱毛ですとフラッシュ脱毛よりも効果が高いため産毛にも反応してくれますが、他の部位と比べてもつるつるになるまでには時間がかかることも理解しておかなくてはいけません。

またレーザーの中でもダイオードレーザーは産毛に効果が期待できるため、レーザー脱毛でもどのような脱毛器を使っているクリニックなのかあらかじめ確認しておくと良いですね。

効果が非常に高いのは電気脱毛なのですが、1本1本の処理ですし痛みはかなり強いため、広い背中の脱毛では辛いです。時間がかかってもいいからあまり痛くないほうが良いのなら、レーザー脱毛がおすすめです。

背中全体とその他パーツの脱毛について

背中の脱毛をする時にはセットでうなじや腰の脱毛をしても良いですね。
今までうなじや腰周りは特に気にしていなかったという人でも、背中の脱毛をしてつるつるになると、今度はムダ毛が残っている部位が気になるものです。

結局つながっている部位のムダ毛は気になってしまいますので通う手間を省くためにも一緒に脱毛してしまいましょう。

脱毛の時にはパーツの大きさによって金額が異なりますが、背中はほとんどの脱毛クリニックで一番大きいパーツの料金になります。

さらに背中は上下で分かれているため背中全体の脱毛をしたいのならその2倍かかるということです。

金額面は気になりますが、自己処理ではキレイにするのが難しい背中脱毛はキレイな背中を手に入れるためには欠かせません。

どうせなら背中脱毛を含めた全身脱毛コースを選ぶのも良いでしょう。部位ごとより全身まとめた方がコストパフォーマンスが良くなります。背中以外の脱毛も考えているなら、おすすめです。
関連記事:見えない部分もつるつる全身脱毛のすすめ

 

 背中ニキビも気になる

ムダ毛だけではなくニキビに悩まされることも多い部位なのですが、背中ニキビはムダ毛に付着した雑菌が原因になっていることもあります。

ニキビが出来ていると、自己処理をしたくても肌荒れが心配で自己処理もできません。脱毛をすることでムダ毛が減ればそれだけニキビのリスクも減らすことができます。

ニキビの原因となっていたムダ毛がなくなるだけではなく、ニキビ肌がつるつるになったというほかのメリットが得られることもあります。

自信を持ってファッションを楽しめるようになるためにも、背中脱毛は欠かせませんね。